facebook
rss

#小樽青年会議所

アーカイブ

目標は大きく「世界一」!?

3月15日19時、いなきたコミュニティーセンター5Fにおいて郷土愛育成委員会による3月第一例会が「郷土愛へつながる思い出作りの重要性~全ては愛する小樽のために~」と題して開会されました。

この事業は若﨑委員長率いる郷土愛育成委員会が、明るい未来の小樽を創造するには、いずれ故郷を思い、故郷のために行動するきっかけとなる郷土愛へつながる記憶として子供たちに残すために、まず、我々が地域の現状と郷土愛を育む環境を理解し、責任を持った行動へと促す意識統一の場が必要だと考え作り上げました。

第一部プレゼンテーションでは碓井君がプレゼンターとなり、「郷土愛について」、「郷土愛を育み郷土を想い行動する人材を育てるには」という内容を、他の地域で取り組んでいる地元民に向けた郷土愛育成事業、イベントなど例にあげて説明しました。
第二部プレゼンテーションでは白銀君がプレゼンターとなり、「小樽の理解と今後に向けた事業説明」を行いました。クイズを交え小樽についての歴史や、観光産業、市民について紹介し、小樽で誇れる「ナンバーワン」を創ることを目指した事業となることを発表しました。

子どもの時に体験した故郷での強い思い出が郷土愛を育み、その先には愛着のある地元へ貢献したいという想い(地元に残って働きたい、またはUターン、奉仕活動など)が芽生えると信じ、まずは子どもにインパクトのある故郷での思い出を創る・・・

今後の事業は「ギネスに挑戦」です!

小樽の歴史を語る上で欠かせない北運河に保存されている「艀(はしけ)」と「ペットボトル」がキーワード。小樽で誇れるナンバーワンを市内の小学生とともに目指します!

※新会員の会の名前が決定しこの例会の報告事項で発表されました。会の名は「維道会」で、つないでいくという意味がある「維」、今まで小樽青年会議所または諸先輩が歩んでこられた「道」という字を使用し、過去から未来へ活動をつなげていくことの尊さを重んじる意味で名づけたそうです。これからも活躍を期待しています!

 

ご来場、誠にありがとうございました

1月13日、定時総会後に(一社)小樽青年会議所(※以下小樽JC)の新年懇親会が行われました。
新年懇親会の設え担当は今年度「思いやり」をキーワードに、小樽JC会員の様々な交流事業を展開していく齋藤委員長率いる「交流委員会」です。

山本理事長挨拶

第64代山本秀也理事長率いる小樽JCの新たなる門出にあたり、来賓の皆様、小樽JCを卒業された先輩諸賢の皆様、各地JCのメンバーの皆様に、
「今年度小樽JCの方針をご理解いただくとともに、新年を祝う様々な【おもてなし】を通して親睦を深め、敬意と感謝の意を示す。」
というコンセプトです。その様子を写真をご覧ください!

それではタイムスケジュールも見てみましょう。

【タイムスケジュール】
19:07 開会・セレモニー
19:14 第64代山本理事長挨拶
19:24 2018年度三役紹介
19:29 来賓・シニア・JC関係者の紹介
19:39 来賓祝辞
19:52 鏡開き
19:55 祝杯・祝宴
19:58 来賓挨拶
20:08 新理事紹介
20:18 新会員紹介
20:20 余興
20:40 各地LOMPR
20:50 若い我等斉唱
20:55 JC一発締め
21:00 閉会

なかなかタイトなスケジュールです。これを難なくこなせるようになるのも青年会議所で得られるものかもしれません。本番をイメージしてあらゆる準備をする習慣が自然と身につきます。

さて下の写真は【おもてなし】の一つ、余興で頑張ってくれた現役メンバー57年組。これは…そう、昨年大流行したアノ芸人です。

57年組による余興

 

大変、多くの方々にご来場いただきましたこと、誠にありがとうございます。2018年度(一社)小樽青年会議所を今後ともよろしくお願いいたします。

 

定時総会

 吉川武志

 活動ブログ  

1月13日(土)グランドパーク小樽5Fにて、定時総会が行われました。
総会というのは小樽青年会議所においても会社同様「最高決定機関=一番重要な会議」であります。
2017年度の収支決算、各事業報告、2018年度の収支予算案、各事業計画などの議題が滞りなく可決されました。

その後、山本理事長へのバッジ、JC旗、プレジデンシャルリースの引継ぎ、2018年度小樽JCのスローガン考案者への記念品贈呈、新入会員の紹介などのセレモニーが行われました。