facebook
rss

郷土愛プロジェクト

【はじめに】
歴史のある私たちのまち小樽には、伝統に基づいた様々な行事や活動が数多く存在しています。
以前は、子どもたちがそれらの行事や活動を通じて、準備や練習をする中で地域の歴史や文化を学び「郷土を愛する心」を育んできました。しかしながら近年、近隣と接する機会が減少し、地域に対する関心が薄れつつあります。我々は郷土愛を育むことがまちの活性化に結びつくことと考え、その環境作りに取り組んでおります。
本年2018年(平成30年)は北海道と命名されてから150年目の節目を迎えております。また、私たちのまち小樽は2022年に100年目の節目を迎え、そして我がまちの象徴である運河は2023年に建設から100年目を迎えます。私たちは、この小樽の歴史と魅力とともに「自分たちの手で自分たちの故郷に世界一を作る」ことの素晴らしさを伝えます。
そこで各学校において世界一のペットボトル艀を一緒に作り上げる作業の過程で、大きな目標に向かって活動する意義や大人と子供が一緒に活動する楽しさを感じていただきます。
イベント当日には子どもたちと保護者の皆様と一緒に、ギネス世界記録達成の瞬間に立ち会うことで、形に残る大きな達成感と共に、生涯忘れられない記憶を心に刻み、子どもたちにいずれ芽生える故郷小樽を愛する気持ちを更に強いものとしたいと考えております。

郷土愛育成委員会

 

【出前授業リポート】

※掲載許可をいただいた小学校をアップしております。

 

7月13日・手宮中央小学校

13:35~14:20に6年生の児童のみなさんに出前授業をおこなってきました!ここは【おたる案内人】検定に積極的に取り組んでいる学校なので、出前授業をおこなった安斎先生もクイズをすぐ児童さんたちに答えられタジタジ。でも、小樽のことについて、子どもたちがいっぱい勉強していることを見てとれ、とても嬉しい気持ちになりました。

手宮中央小学校さん、ご協力ありがとうございました。北運河は校区にありますので、ギネスチャレンジへぜひ多くの参加をお待ちしております!

 

7月6日・稲穂小学校

13:35~14:20に3年生、14:25~15:10に4年生の児童のみなさんに出前授業をおこなってきました!

JCおじさん、JCおねえさんも出前授業を重ねるごとに進化しており、この日は更に活気のある授業となりました。小樽にまつわるクイズでは積極的に手をあげて解答する児童さんが多く、小樽のことについて「本当によく学校で勉強しているんだな。」と感心してしまいます。好きになる第一歩はよく知ることが大切とも言われます。ぜひ、このまま小樽のことをよく知り、小樽に愛着を持ちながら成長していってくれたらと思いました。

稲穂小学校さん、ありがとうございました!8月12日のギネスチャレンジ、そして前日から北運河ルネサンスもおこなっておりますので、ぜひ多くの参加をお待ちしております!

 

6月28日・豊倉小学校

本日も出前授業に行ってきました。今回は朝里川温泉近くにある豊倉小学校さんです。前回同様、パワーポイントを使用した小樽の歴史の授業、郷土愛プロジェクトの説明、そしてペットボトルの組み方のレクチャーをおこないました。先生方、児童さんたちがフレンドリーな雰囲気で、打ち解けながら授業を進めることができました!最後の集合写真では【目指せ!世界一!!】の掛け声をみんなでおこないました。

豊倉小学校さん、ありがとうございました!当日、多くのご参加をお待ちしております!

 

6月26日・幸小学校

小樽の歴史、そしてなぜペットボトルの艀でギネスを目指すのか?ということをパワーポイントを使って授業し、その後、実際にペットボトルの組み方をレクチャーしてきました。

出前授業、第1校目だったので非常に緊張感がありましたが、徐々に打ち解けペットボトルを組む作業の時は、コミュニケーションを取りながら和やかなムードでした。

ご協力いただいた幸小学校さん、ありがとうございました!当日、多くのご参加をお待ちしております!