facebook
rss

理事長ブログ

3月も後半に入りまして・・・

 小樽青年会議所

 理事長ブログ  

久しぶりのアップで冒頭に私事のお話しになり大変恐縮ですが、先日の私の祖母の葬儀に関し、多くの先輩の皆様や現役メンバーの皆さんにご参列賜りましたこと、並びにご供物・ご供花賜りました事、この場をお借りしまして改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。そして、現役メンバーの皆さんには、祖母の最後のわがままを受け入れるべく、地元のお寺で葬儀をするにあたって、多大なご協力をいただきました事を重ねて御礼申し上げます。皆さんのお手伝いが無ければ、祖母はあのお寺から旅立つことはできませんでした。本当にありがとうございました。

この数日はJC活動が少し落ち着いており、最近気になっていた番組を録画し撮り溜めていたものを家で少しゆっくりと見る時間がありました。その中に一つ、今年のお正月に撮っていて、まだ見ることが出来ていなかったものがあり、改めて仕事に、そしてJC活動に対し感じたものがありましたので、ご紹介させていただきます。

IMG_4906535156_1683577335232612_6226890829759975170_n

明治時代のお話しになりますが、維新の英雄たちだけでは明治期の急速な日本の発展はありませんでした。明治時代に「百年」という先見の明を持ち奮闘した知られざる企業リーダー、広瀬宰平(ひろせ さいへい)氏と伊庭貞剛(いば ていごう)氏の物語でした。お二人のお名前を聞いてもピンと来ないかもしれませんが、現在の日本を代表する住友グループの礎を築いた方々です。愛媛県の別子銅山を舞台に日本の技術を世界に広げた日本の近代化の礎を築いた方々です。ドラマの内容は見ていただくのが一番かと思いますが、私が特に企業家として、リーダーとして心を打たれたのは、この2人の情熱と、地域を思う気持ち、企業を思う気持ち、そして共に働く人々と、この日本の未来を思い行動された強い気持ちでした。100年後の日本を想像するなど、言葉では簡単ですが、早々できる事では無いと思います。今、変化の速いこの時代に付いて行くのがやっとで、未来のことなんて考えられないと言う人が大半かも知れません。でも、誰かが考え、誰かが行動をして行かなければ、会社も、地域も、気が付けば自分の思うところとは真逆のところに行きついているのかも知れません。そうなった時に気が付いて声をあげても、既に時は遅いわけであって、単に不平・不満を言う人で終わってしまうのではないかと思います。であれば、自分の信じる方向へ100年とは言わないまでも、20年、30年先を自分の子供たちに、そして地域の子供たちに何かを残せる大人でなければならないと感じました。会社で何か新たな事業に取り組む時や、新商品を作る時って、喜んでくれる人や、その商品を使った事で喜ばれる事を想像しませんか?私はいつもその光景をイメージしながら、新商品の開発や新たな事業の取り組みを検討しますが、これは時間が経つにつれ薄れていくもので、例えばその商品が軌道に乗り、会社も安定している時は忘れがちになってしまう感情だと思います。会社が儲かればそれで良い。のではなく、なぜ自分の会社が存続できているのか、なぜ、この商品が喜ばれているのか、そんな事を考えながら企業人として生きて行けるのが理想かと思っております。私の周りが特にそうだとしたらお恥ずかしいのですが、最近の取引先を見ていると、自分の営業成績や自分の会社の業績だけを考え、相手の会社がどうのなんて関係ないという人が非常に多いような気がしています。更に、自分の会社の始まりが、どんなきっかけで、どんな気持ちを持って創業されたのかすら理解しないままに働いている人が多い結果であると思います。所属する企業の大小があれど、相手の事を少しでも気遣って商売をしてもらいたいものだと常々感じる事があり、とても残念に思う事があります。JC活動にしても同じです。事業を行った結果どうなるのか。なぜこの事業を行うのか。誰が喜んでくれるのか。何を残せるのか。こんな初心を忘れることなく、行動出来る人間でありたいと思っています。いくら会社が大きくなろうとも、原点を忘れることなく、純粋に誰かに喜んでもらいたい気持ちや、誰かの幸せにつながって欲しいという初心を忘れることなく、日々生活していければと改めて思いなおしたこの数日でした。今月からいよいよ鹿角委員長の事業が始まります。小樽JCとして何をこの街に残せるのか。今一度、一人ひとりがそれぞれ考えを持って事業に取り組んでいただけたらと思っております。

20160214_211753IMG_4917

新年懇親会を終えて

 小樽青年会議所

 理事長ブログ  

1月4日の岩内青年会議所さんの新年交礼会へ出席をさせていただき、1月11日の倶知安青年会議所さんの新年交礼会まで出席をさせていただきましたが、ご対応いただきました各委員会の皆様、ありがとうございました。そして、引き続き各地へご対応いただく皆様、よろしくお願いいたします。くれぐれも体調には気を付けてお過ごしください。各地理事長の皆さんのご挨拶を拝聴し、皆さん緊張の中それぞれの地域に山積する問題とその問題に立ち向かう力強い決意のこもったご挨拶でした。私もそんな理事長の皆さんに負けぬよう、決意を新たにさせていただきました。

 

さて、1月9日は、当青年会議所の新年懇親会を開催させていただきましたが、ご来賓の皆様をはじめ多くの先輩諸賢の皆様、北海道地区協議会役員の皆様、各地青年会議所の皆様、ご臨席賜りまして、誠にありがとうございました。

いよいよ、2016年の運動が本格的に始動したわけでありますが、昨年の予定者の段階から準備を進めて来た内容を更に肉付けし、それぞれの事業に感謝と敬意の念を持って活動をして行きましょう。

そして、新たに今年度から仲間になった新会員の皆さん、新たなメンバーの新たな考えがこの会を活性化させます。是非とも沢山の意見、沢山の質問をメンバーにぶつけていただき、一緒にこの会を活性化させていきましょう!そして、色々な遠征もありますので、積極的にご参加いただき、沢山の時間を共有できれば幸いです!

今月は京都での会員会議所会議、理事会と新年行事が終わっても盛りだくさんでJC活動が行われます。一つ一つの会議や遠征に参加致しますが、その時、その場所に一緒に行けるメンバーとの時間を大切に、有意義な時間を送りたいと思っておりますので、皆さんよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

 小樽青年会議所

 理事長ブログ  

あけましておめでとうございます。

本日より予定者が取れまして、2016年の始まりとともに、第62代理事長となりました土井孝謙でございます。一年間、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、本日は元旦でございますが、皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

家族や友人とゆっくりと過ごされている方、お仕事をされている方、いつもよりも忙しく仕事をされている方、休みだけれど普段取り掛かれない作業に取り組んでいる方など、年末年始の過ごし方も様々と存じます。

私は、普段できない仕事や作業に追われ、例年よりも忙しい正月となっております。

職場のデスクに山積みになった書類の整理や昨年頂いたたくさんの名刺の整理(名刺の整理は危険です!名刺交換させて頂いた方々を思い出してしまい、作業の進行に遅れが生じます+_+)など、正月中に終わらせようと思っています。

そして、何より、今月9日には、一般社団法人小樽青年会議所の新年懇親会もございまして、理事長として殺人的な作業量に追われておりますが、同じ志を持つ仲間たちも、それぞれの役割を全うするために、今もどこかでがんばっていると思うと、私もがんばらなければいけないと身が引き締まる思いです。

本日より365日間、皆さまとともに前を向いて進んで行きたいと思っております。

このブログで、メンバーだけでなく、先輩諸賢や普段よりご支援いただいている皆さま、はたまた、まだ出会わぬ方々とのつながりの場となれば嬉しく思います。

本年も、(一社)小樽青年会議所とこのブログをよろしくお願い申し上げます。