facebook
rss

活動ブログ

アーカイブ

第66回 全国大会 埼玉中央大会

 天野孝太郎

 活動ブログ  

9月28日~10月1日 埼玉県各所

埼玉の地にて、公益社団法人日本青年会議所 第66回全国大会 埼玉中央大会が開かれ弊所メンバーも参加してまいりました。

各地青年会議所の運動を褒賞する『政策AWARDS2017』や

公益社団法人日本青年会議所 第66代会頭 青木 照護 君が今年度の運動を総括。

次年度会頭である 池田 祥護 君の会頭就任のご挨拶。

そして本年40歳を迎えたメンバーの卒業式。

全国の青年会議所メンバーが集う式典は埼玉スーパーアリーナにて行われ、その人数は圧巻の一言でした。

 

4,841名の卒業生を代表して壇上に登るのは公益社団法人日本青年会議所の役員経験者の皆様。

弊所メンバーの 髙木 紀和 君も歴代役員として壇上に!

卒業生代表スピーチでは 寺尾 忍 専務理事が、日本再建の為に戦後たった4年で設立された青年会議所の創始者たちの精神をしっかりと受け継いでいってほしいと激励をいただきました。

残されたメンバー達も卒業生達のように、地域の未来を考え自らに修練を与え行動する人材となれるように精進してまいります。

卒業生の皆様、本当にお疲れ様でした。

 

北海道地区大会 釧路大会 スナップ写真コンテスト

 天野孝太郎

 活動ブログ  

今年度もたくさんの思い出が生まれた北海道地区大会。

メンバーの様々な瞬間を私たち総務・拡大意識向上委員会が勝手に審査させていただきました。

メンバーの皆さま、たくさんの写真撮影、ありがとうございました総数360枚から選ばれた各賞の発表になります。

 

大賞(52年組賞)

撮影者     宮前 渡 君

選考理由

髙木委員長、山本副理事長とJC歴10年目にして初めて地区大会に参加してくれた蟇目委員、三人の卒業生の笑顔が印象に残る1枚でした!!!

 

 

出向者活動賞

撮影者   髙木 紀和君

選考理由

誰もが夢を描ける北海道創造室 室長 山本 秀也君が北海道再興フォーラム中に見せた手の甲をむけた指折りが格好よかったので。

 

グルメ賞

撮影者 栗田 徹君

選考理由

受賞は上段の写真になりますが、写真のクオリティもそうですが、こんなに楽しそうに撮影をしてくれているのが印象的でした。

 

大会参加記録賞

撮影者   吉川 武志君

選考理由

大懇親会中にシニアクラブの先輩も被写体とした 2015年度 人間力向上委員会メンバーで構成された一枚。釧路大会の地でも表れている絆が印象的でした。

 

自撮り賞

自撮り賞  安斎 哲也君

選考理由
さすが小樽の自撮りボーイ。メンバーの笑顔とさらに釧路の四季が見える看板を入れるあたり、ニクい演出です!狙ったのか疑問は残りますが、、、

 

 

ミラクル賞

撮影者  大川 晃弘君

選考理由

一見、お見舞いに行ったような雰囲気ですが、もちろんしっかりと釧路大会での朝食時の写真です。もはや職人技の域に達している、LOMメンバーにしかわからない至極の一枚。

 

 

以上、スナップ写真コンテスト受賞作品の発表となります。

メンバーの皆様、撮影にご協力いただき誠にありがとうございます。

 

審査員  総務・拡大意識向上委員会 メンバー一同

 

 

9月第一例会『第66回北海道地区大会 釧路大会』

 池田憲昭

 活動ブログ  

小樽青年会議所9月第一例会は総務・拡大意識向上委員会が担当しました

「第66回北海道地区大会 釧路大会」

北海道地区大会は北海道48地区の青年会議所が一堂に会して事業を行います。2017年9月8日、9日、10日の3日間「挑む 巻き起こせ!JCスパイラル」と題し今年は釧路の地で開催されました。課題先進地域である釧路未来を論じ、問題や課題を各地域に置き換えて自らの地域のまちづくりに挑む。我々小樽青年会議所のメンバーは総勢40名で挑んで参りました。初日の祈願祭では釧路厳島神社にて撮影。小樽青年会議所の出向者が北海道地区協議会でも活躍しております。

釧路大会 祈願祭

 

 

どのメンバーも仕事の合間を縫って貴重な時間の中活動をしています。なので移動中も楽しみながら!

メンバー同士のライングループを作成し、地区大会の楽しい瞬間の画像を投稿してもらいました!

グルメ部門や自撮り部門、ミラクル部門など、各部門を設けてこの後、総務・拡大意識向上委員会で審査させて頂きます。

移動中だって楽しむ!それぞれのメンバーがここでも「挑んでいます!」

釧路大会 移動0

釧路大会 移動1

 

釧路大会 移動2

 

グルメ部門では理事長も釧路海鮮!舟盛りとともにパチリ!いい写真です!

釧路大会 グルメ理事長

 

会場の釧路市民文化会館のロビーでは出向者のメンバーが受付や署名活動などで活躍しておりました。

釧路大会 出向者 憲法輿論確立委員会、安斎委員・森瀬委員

 

釧路大会 出向者 経済再生戦略委員会 北條委員

 

 

釧路市民文化会館で行われた「北海道再興フォーラム」では出向者の山本秀也君が北海道地区協議会、誰もが夢を描ける北海道創造室室長として活躍しておりました。再興フォーラムは憲法、教育、経済、など様々な視点で地域の再興について熱いディスカッションとプレゼンが行われておりました!

釧路大会 再興フォーラム

 

その後の「挑む」気概を滾らせろ!JCスパイラルフォーラムでは社団法人日本青年会議所2009年度第58代会頭の安里繁信先輩に講演いただきました!明日があるから今日がある。様々苦難を乗り越え、生涯JAYCEEとして生きる先輩の熱いお話に多くのメンバーが聞き入っていました。

釧路大会 JCスパイラルフォーラム

 

そしてその後は卒業式です。本年度40歳を迎え卒業するメンバーが青い法被と提灯でステージへ登壇されました。

堂々として格好良い姿。式中は色んな思い出が蘇り、涙を流すメンバーも多くいました。

釧路大会 卒業式0

釧路大会 卒業式1

 

そして地区大会卒業式の答辞は弊所から北海道地区協議会 直前ブロック会長兼顧問として出向している髙木紀和君!今までの苦労や仲間の大切さ、JCへの並々ならない想いが伝わる本当に素晴らしい答辞でした。また一つ格好良い姿を見せてもらいました。

釧路大会 卒業式 高木答辞

記念撮影です。卒業生52年組(九頭巳会)の皆さん本当にお疲れ様でした!!

52年組卒業記念撮影

 

 

 

その後会場を幸町緑地へ移し大懇親会が開催されました。

釧路の地のマイナス要因であった霧を逆手に取った素敵なイルミネーション。霧にレーザーを当てた「霧レーザー」は圧巻でした。発想がとてもユニークです。またアイデアを形にするエネルギーも素晴らしい。小樽も負けてられない!という気概を滾らせてもらいました!

釧路大会 大懇親会レーザー2

 

 

大懇親会では地元釧路のお酒を一般社団法人釧路青年会議所理事長、栗林延年君(右)からいただきました。記念撮影。杉本理事長と(左)

釧路大会 大懇親会 小樽理事長と釧路理事長

 

様々な釧路の特産品、新鮮な海鮮!もちろん旬のサンマを始め、釧路グルメを堪能させていただきました!

釧路大会 第懇親会 食事3

釧路大会 大懇親会食事3

 

 

 

そして最終日3日間の集大成。大会最後の式典では来年度の地区大会開催地へ引き継ぎのセレモニーが行われました。

地区大会開催地の象徴としての鍵のモニュメントが来年度開催地の青年会議所へと譲渡されます。

来年は苫小牧!ということで、また多くのメンバーで沢山のものを持ち帰れる事業としてそれぞれの立場で取り組んでいきます。

釧路大会 鍵

 

 

挑む 巻き起こせJCスパイラル!

出向者メンバー、そして卒業するメンバー、参加いただいたメンバー、準備段階で協力いただいたメンバーの皆様。本当にお疲れ様でした!

色んなものを得られた良い事業でした!得たものを小樽に持ち帰り自らの地域のまちづくりをさらに前へ!踏み出す一歩が小樽を変える

釧路大会 記念撮影

 

 

スナップ写真コンテストの結果はこちらから!

9月オープン事業『北運河ルネサンス2017』

 斉藤隆幸

 活動ブログ  

9月2日(土)から3日(日)にかけて、運河公園にて

「地域力向上委員会」担当によるオープン事業

「北運河ルネサンス2017」を行いました。

事前の天気予報では、台風の可能性も予測されましたが

事業当日には晴天の中、大勢の来場者に恵まれました。

事業を通して、小樽の未来に対する思いを引き継ぐ次代の人材の育成を

行い、行動する意識を高めるとともに、北運河地区の魅力や可能性への

関心を持っていただくことができました。

 

小樽遺産ツアーには、想定を超える多くの参加者があり

メンバーによる説明に真剣に耳を傾ける子供たちの姿は大変印象的でした。

 

また、トロッコ体験、スーパーボール製作体験には小樽を担う若人たちに

協力を願い、来場者の方々との触れ合いの中、未来の小樽への関わりという

意識の醸成を行わせていただきました。

そして、2日・3日の両日に行われたルネサンスビンゴ大会は

ニンテンドースイッチを賞品として提供し

大勢の参加者が一喜一憂する大変盛り上がるステージイベントとなりました。

 

夜には300を超えるイルミネーションバルーンに点灯を行い

幻想的な風景が運河公園に浮き上がる中

多くの惜しまれる声と共にオープン事業は無事終了いたしました。

 

 

 

 

 

 

⚽JCリーグ⚽ 決勝トーナメント

 otarujc-endou

 活動ブログ  

9月3日(日) 赤井川 都運動公園サッカー場

おやじ達の蹴球の祭典⚽ JCリーグ決勝トーナメント!!!

赤井川村都運動公園サッカー場にて、熱き戦いが繰り広げられました!!!

7月2日(日)予選会でなんとか勝ち残り

チーム小樽としては久々に決勝リーグに出場することができました!

 

 

チーム白老戦 残念ながら 1-2という惜敗で1回戦敗退となってしまいました。

が、なんと、なんと!!!

小樽JCの日向小次郎こと 天野 孝太郎 君(右) ※名前もちょっとにてるでしょ?w

1位タイで得点王を受賞しました!

締めくくりの集合写真

シニアクラブの先輩達もご参加いただき、誠にありがとうございます!!

この後は北運河ルネサンスへ!

皆様、大変お疲れ様でした!!!

8月オープン事業

 天野孝太郎

 活動ブログ  

8月20日(日)塩谷海水浴場にて『連携力向上委員会』担当によるオープン事業

『夏だ!!弾けて連携だぁー!!』を行いました。

 

本事業はメンバー同士、家族同士の交流の場を作ることで日々のJC活動への理解と共感を得るべく行われました。

 

前日から担当委員会メンバーが会場設営を行い、様々な遊び場がセッティングされてました。

20170822_170822_0003 20170822_170822_0004

 

海に浮くフロートを並べたJCアスレチックや、バレーボールコートなど大人も子供も遊べる空間を演出してくれました。

20170822_170822_0011  20170820_170822_0033

 

子供たちにはペットボトルいかだの製作を体験していただきました。

いざ、出向!!!

20170820_170822_0032 20170822_170822_0010

 

夏の海ならではのスイカ割りも行い、天候にも恵まれ終始笑顔の絶えない事業となりました。

20170820_170822_0012 20170820_170822_0009

 

連携力向上委員会の皆様、ありがとうございました。

20170820_170822_0003

 

担当:連携力向上委員会

 

 

 

8月第一例会『小樽JCキンボール~合言葉はオムニキン~』

 天野孝太郎

 活動ブログ  

8月9日(水) 小樽明峰高等学校体育館

小樽青年会議所では毎月必ず『例会』と呼ばれる事業を行います。

各委員会が2カ月以上前から企画し、その内容を必ず理事会と呼ばれる会議で議案として提出し、承認を得て初めて事業を行うことができます。

8月の例会は「資質向上委員会(新会員 語跳会)」が担当する

『小樽JCキンボール~合言葉はオムニキン~』

 

本例会は今年度入会の新会員(語跳会 ごちょうかい)が企画、準備してまいりました。

理事会へ向けての議案書作成や、理事会での質疑応答も新会員が担当。

そんな新会員たちが企画した事業は『キンボール』という普段なかなか体験することのないスポーツでした。

 

セレモニーや司会、例会の趣旨説明などすべて新会員が担当。

オムニキン_170811_0036 オムニキン_170811_0034

オムニキン_170811_0032 オムニキン_170811_0031

 

 

メンバー同士のコミュニケーションを図り、より一層の組織力向上を目指し、3つのチーム編成を行い、競技が行われました。

オムニキン_170811_0004 オムニキン_170811_0021

 

メンバーのほとんどが初めて行うスポーツに大苦戦。

数試合行われる中、各チームが勝利へ向けて作戦会議を練り、そして試合を重ねるごとに上達していく。

ここに本例会の意図があったのですね。

 

オムニキン_170811_0029 オムニキン_170811_0026

表彰式も行われ、例会は無事に終了。

語跳会のみなさん、お疲れ様でした。

 

オムニキン_170811_0023

担当:資質向上委員会 新会員 語跳会

 

7月第一例会「第51回 おたる潮まつり」

 天野孝太郎

 活動ブログ  

7月28~30日 小樽港第3号埠頭基部、小樽中心部

小樽青年会議所では毎月必ず『例会』という事業を行います。

各委員会が2カ月以上前から企画し、その内容を必ず理事会と呼ばれる会議で議案として提出し、承認を得て初めて事業を行うことができます。

7月の例会は『第51回 おたる潮まつり』

小樽の夏を代表するイベントに弊所もボランティアスタッフとして企画段階から参画させていただいております。

小樽JC実行委員会を立ち上げ 山本 喜則 実行委員長を中心に全メンバー一丸となって来場者を笑顔にするべく準備してまいりました。

 

潮まつり_170801_0012

開催式等それぞれのファンクションが円滑に進行できるように前日から入念なチェック。

 

潮まつり_170801_0179 潮まつり_170801_0147

潮まつり_170801_0295

当日は潮ねりこみや潮太鼓、神輿パレードと小樽各所が大盛況!!

 

潮まつり_170801_0118 潮まつり_170801_0117

杉本 憲昭理事長、土井 孝謙直前理事長も潮ねりこみに参加。

およそ1.5キロの距離を「おたる潮音頭」「潮踊り唄」の曲に合わせ練り歩きました。

 

潮まつり_170801_0242 潮まつり_170801_0133

S__7446566 潮まつり_170801_0202

弊所メンバーは沿道警備や会場でのゴミ拾い、各ステージ企画の補助として期間中元気に活動させていただきました。

先輩諸賢の皆様からのご支援、ご協力もあり、大きなトラブルもなく無事に終了することができました。

ご来場された皆様、関係各所の皆様、誠にありがとうございました。

潮まつり_170801_0112

 

 

サマーコンファレンス2017

 天野孝太郎

 活動ブログ  

7月22日(土)23日(日)

パシフィコ横浜にて行われたサマーコンファレンス2017に参加してまいりました。

 

サマーコンファレンスとは 公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、角界を代表する著名な有識者をお招きし、政治、経済、社会など様々なジャンルのファンクションを開催する場となっております。

S__7249935

 

会場内は一般来場者を含め超満員。

S__7249934

 

会場の外では「未来博覧会」と題してパトレイバーがデッキアップ!

20170726_170727_0023

 

「日本再生フォーラム」では、内閣総理大臣 安倍 晋三様 をお招きし、公益社団法人日本青年会議所会頭 青木 照護君との対談も行われました。

S__7249933

 

サマーコンファレンス2017を通じて、公益社団法人日本青年会議所の運動を改めて理解し、自分たちが住み暮らす街の課題に照らし合わせ、どのようにコミットしていくか。各フォーラムから様々な気付きを吸収できた遠征となりました。

 

7月オープン委員会

 天野孝太郎

 活動ブログ  

7月16日(日)旧日本石油倉庫にて

地域力向上委員会担当によりますオープン委員会

「小樽遺産プロジェクト」~日本遺産登録を目指して~

が開催されました。

今年の地域力向上委員会のキーワードである「若人とのつながり」を体現すべく、委員会メンバーと市内の若人数名との間で企画してきた事業内容は「小樽散策ツアー!」

北運河を中心に港湾物流の町として栄えてた小樽の歴史を学べるツアーを若人にガイド役を担っていただき、メンバーにプレ体験ツアーを敢行。

S__6873132

 

第一部プレゼンテーションでは日本遺産の説明や、実際に日本遺産に向けて小樽市が取り組んでいる活動を説明。

S__6873135

 

第二部では午前中の大雨が嘘のように晴れ散策日和となり、北運河周辺を歩きながら各スポットで若人たちがガイドをしてくれました。

S__6873136 S__6873138

S__6873139 S__6873141

 

1時間ほどのガイドツアーを終え、最後は地域力向上委員会委員長、田島 寛之 君の小樽遺産、そして若人とのつながりへの想いを述べ事業は無事終了。

S__6873142

なぜ「プレ体験ツアー」だったのか。

今後の青年会議所の活動にぜひご注目ください。

 

担当:地域力向上委員会