facebook
rss

活動ブログ

アーカイブ

第2回道南エリアアカデミー研修塾!

 2018総務委員会

 活動ブログ  

皆さんこんばんは!
東京モーターサイクルショウに行きたかった稲垣です!

先日3月の17・18日に白老の地で行われた第2回道南エリアアカデミー研修塾に、今年塾生として参加している僕たち語跳会メンバーで参加してきました!

まず、17日にアカデミー生と塾長の懇親会が行われました。
懇親会後のホテルでは道南エリアの理事長の皆さんともお話をする機会などがあり、楽しくてついつい朝の3時過ぎまで語り合っていました!

そして皆さん少し眠そうな18日には、アカデミー研修塾が開かれ、北海道教育庁胆振教育局 社会教育指導班 主査 川崎 真也 様をファシリテーターとしてお招きして、わくわくワールドカフェを行いました。

そして今回なんと!

すいません間違えました。今回なんと!!!!

我らが織田 和陽君がMVPに輝きました!!!!
そして今回で、第1回に出たメンバーも含め語跳会は全員出席となりました。次は全員同時参加で行きたいですね!

帰りは山本理事長、大川専務、杉本直前とみんなで白老牛を食べて帰ってきました!おいしかったです!ごちそうさまでした!

次回は5月に森で開催されます!
以上、東京モーターサイクルショーに行きたかった!総務委員会 稲垣がお送りしました!

目標は大きく「世界一」!?

3月15日19時、いなきたコミュニティーセンター5Fにおいて郷土愛育成委員会による3月第一例会が「郷土愛へつながる思い出作りの重要性~全ては愛する小樽のために~」と題して開会されました。

この事業は若﨑委員長率いる郷土愛育成委員会が、明るい未来の小樽を創造するには、いずれ故郷を思い、故郷のために行動するきっかけとなる郷土愛へつながる記憶として子供たちに残すために、まず、我々が地域の現状と郷土愛を育む環境を理解し、責任を持った行動へと促す意識統一の場が必要だと考え作り上げました。

第一部プレゼンテーションでは碓井君がプレゼンターとなり、「郷土愛について」、「郷土愛を育み郷土を想い行動する人材を育てるには」という内容を、他の地域で取り組んでいる地元民に向けた郷土愛育成事業、イベントなど例にあげて説明しました。
第二部プレゼンテーションでは白銀君がプレゼンターとなり、「小樽の理解と今後に向けた事業説明」を行いました。クイズを交え小樽についての歴史や、観光産業、市民について紹介し、小樽で誇れる「ナンバーワン」を創ることを目指した事業となることを発表しました。

子どもの時に体験した故郷での強い思い出が郷土愛を育み、その先には愛着のある地元へ貢献したいという想い(地元に残って働きたい、またはUターン、奉仕活動など)が芽生えると信じ、まずは子どもにインパクトのある故郷での思い出を創る・・・

今後の事業は「ギネスに挑戦」です!

小樽の歴史を語る上で欠かせない北運河に保存されている「艀(はしけ)」と「ペットボトル」がキーワード。小樽で誇れるナンバーワンを市内の小学生とともに目指します!

※新会員の会の名前が決定しこの例会の報告事項で発表されました。会の名は「維道会」で、つないでいくという意味がある「維」、今まで小樽青年会議所または諸先輩が歩んでこられた「道」という字を使用し、過去から未来へ活動をつなげていくことの尊さを重んじる意味で名づけたそうです。これからも活躍を期待しています!

 

今日は3月第一例会が行われます!

 吉川武志

 活動ブログ  

郷土愛育成委員会によります3月第一例会が本日おこなわれます!
テーマは
郷土愛へつながる思い出作りの重要性~全ては愛する小樽のために~

この事業は郷土愛育成委員会が、明るい未来の小樽を創造するには、いずれ故郷を思い、故郷のために行動するきっかけとなる郷土愛へつながる記憶として子供たちに残すために、まず、我々が地域の現状と郷土愛を育む環境を理解し、責任を持った行動へと促す意識統一の場が必要だと考え作り上げました。

今後どのような事業が展開されていくのか?
子どもたちにどのように愛郷心へつながる記憶を残していていくのか?
ぜひご注目ください!

※写真は打ち合わせの様子です。

第2回会員会議所会議報告

 吉川武志

 活動ブログ  

2月25日(日)10時より旭川市内のアートホテル旭川2Fにおいて、北海道地区協議会2018年度 第2回会員会議所会議が行われました。
審議では鹿角監事が委員長、品田監事が委員として出向している財政特別委員会により2018年度北海道地区協議会 修正予算(案)が上程され全会一致で可決、また、北海道地区担当常任理事候補者の選出に関わる選挙管理委員に杉本直前理事長が選任されました。

審議終了後、第67回北海道地区大会苫小牧大会 契約調印式並びに主管・副主管締結式が行われ、副主管として山本理事長が調印式に出席いたしました。

協議では4月に開催予定である北海道JCフォーラム2018に関連する事業計画に、宮前渡君が副委員長を務める「HOKKAIDOブランド確立委員会」と、山本将之君が副委員長を務める「誇りある憲法確立委員会」が関係する上程もあり、進捗状況を確認してまいりました。より良いフォーラムとなるよう活発な議論が展開されておりました。

そして会員会議所会議の後、第1回北海道拡大維新セミナー2018が開催され、その中で小樽青年会議所は15名の会員拡大を目標として掲げました。

目標を掲げる山本理事長

小樽ボランティア会議

 2018総務委員会

 活動ブログ  

こんにちは!

総務委員会委員 稲垣です!

2月24日に開催された小樽ボランティア会議主催の「ゲームで模擬体験!あなたも避難所を運営してみよう!」に

総務委員会の僕稲垣と品田監事、前田副理事長、渡邊室長、伊藤副委員長の5人で参加してきました!

避難所を運営ということで避難所運営シミュレーション「HAG」を北海道版に設定したDoはぐを体験してきました。

今回僕が初めてやってみた感想なんですが、直下型の大型地震が起きたという設定で、小樽でもあり得る事では外国人観光客が被災して避難所にやってくる、避難してくる途中で車がスリップして動けなくなったなど中々対応が難しいことが次々と起こっていました。

中でも、避難してきた地元の方々でのトラブルや対応の仕方など、普段からの住民間のコミュニケーションや防災の意識を持つということが大切だと感じることが多い出来事が多く、避難所で起こることの種類の多さなどを経験できる機会でした!

皆さんも普段から意識しておくことが大事ですよ!

最後に会場の様子です

真剣な品田監事

遊んでるわけじゃない!簡易トイレを体験する伊藤副委員長

以上総務委員会委員 稲垣でした!

つながり

 吉川武志

 活動ブログ  

2月5日グランドパーク小樽で開催されました小樽青年会議所シニアクラブの新年会に現役理事メンバー全員をご招待いただきました。
近年、現役メンバーの在籍年数の減少傾向が進む中、シニアクラブの皆様と現役メンバーのつながりを持てる場が増えるよう配慮していただいたのではないかと受け止めております。事業でお会いする際はお話させていただく時間がなかなかないのですが、今回はお話をゆっくりとさせていただける機会がありました。
青年会議所内でよく耳にする話なのですが、「青年会議所に所属していたという【つながり】で、それまで面識のなかった方にも親身になって話を聞いていただける」ということを少しではありますが実感できましたし、人とのつながりは大切なものだと改めて思いました。大変貴重な時間を過ごさせていただき、誠にありがとうございました。

第1回新会員セミナー

 2018総務委員会

 活動ブログ  

1月29日、いなきたコミュニティーセンターにおいて、土井委員長率いる真のJAYCEE育成委員会担当によります「第1回新会員セミナー」が開催されました。

テーマは「JAYCEEとして活動するために」と題して、新会員に対して、青年会議所の要となる基本を正しく理解していただくために、第一部「青年会議所とは」を質問を交えながらプレゼンテーションで伝え、第二部では「JAYCEEとしての心得」として鹿角監事と天野常任理事より講演していただきました。

現役会員による講師のため、共感できる部分、どのような思考を持って活躍されているかなど、各会員が自分の活動の在り方を今一度考えさせらる貴重な時間となりました。

 

鹿角講師の講演内容

・与えられるだけではなく、自分から価値を見出さないと(掴み取りにいかないと)本当の自己成長には繋がらない。

・JCに力を入れる転機は3年目の専務。それまでのJC活動はただ目の前にあることをこなしただけ。しかし、専務は自分で考え、いろいろな人と否が応でも付き合わなければいけない役職なので人との関りの中で「気付き」が多くあった。人によって自らが磨かれた。自分だけでは磨くにも限界がある。だから人付き合いは大切。会社の利害が関係のない場で、人と多く関わる機会があるのがJCの魅力。

・経済人として稼がなくてはいけないし、悪い事ではない。大いに稼ぐべき。人の求めることを突き詰めると稼ぎにつながる。では仕事だけを優先で、JCは片手間でいいのか?そうではなく、人から仕事をもらうのであれば、人との信頼ができるつながりを作らなくてはいけない。それを得られる可能性が多い場がJC。

・信頼、仲間などは、本気で向き合う姿勢を周りに見せた時に初めて呼応して、自分に返ってくるものだと考えております。

 

天野講師の講演内容

・自分に課せられたJCでの課題を投げだしたら、誰かが自分の負担を背負ってくれているということを理解することが大切。
・常に自分の周りには仲間がいる。仲間に迷惑をかけっぱなしでいいのか?自分の将来を良くしたいためのJC選びだったとしたら、何かを対価として出さなければいけない。それが時間なのかお金なのかはその人々次第である。
・思いやりの連鎖がJCの最大の良さ。
・自分が一流になるほうが簡単。自分の努力次第であるから。しかし、一流の人間を育てることのほうが重要。それを出来る可能性があるのがJCだと思う。そして常に謙虚さを持って活動してください。

道南エリア ウインターコンファレンスin伊達

 2018総務委員会

 活動ブログ  

1月27日、伊達で開催されました2018年度道南エリアウィンターコンファレンスに参加してきました。

はじめにアカデミー研修塾が行われ、今年も小樽JCから塾長として杉本直前理事長、塾生には小樽JC入会2年目の伊藤(嘉)君、遠藤君、山本(将)君、森下君が参加しました。

研修塾なので教わることがあるのはもちろんのこと、各地青年会議所会員との交流は刺激を受けたのではないかと思われます。

また、ウインターコンファレンスでは、北海道地区協議会各委員会事業説明が行われ、小樽JCから出向しているHOKKAIDOブランド確立委員会副委員長 宮前渡君、誇りある憲法確立委員会副委員長 山本将之君、財政特別委員会委員 品田憲孝君がプレゼンを行い、特に山本将之君は入会2年目とは思えないほど、落ち着き堂々としたプレゼンを行っていました。

道南エリア会議 登別室蘭

 2018総務委員会

 活動ブログ  

2月10日、室蘭において道南エリア会議が開催されました。道南エリア13LOM(13箇所の各地青年会議所)の理事長、専務理事が一堂に会し4月に開催予定の北海道JCフォーラム2018の議題を中心に会議が行われました。

小樽青年会議所から北海道地区協議会に出向している「HOKKAIDOブランド確立委員会 副委員長 宮前渡君」、「誇りある憲法確立委員会 副委員長 山本将之君」に両名が、討議上程を行いました。

この両名が携わる北海道JCフォーラム2018は北海道が抱えている諸問題に対して解決へ向けた討論が展開されると思われます。ぜひ、小樽市民の皆様にも「北海道JCフォーラム2018」というものにご注目いただけたらと思います。

 

関連記事-道南エリア ウインターコンファレンスin伊達

 

上程する宮前渡君

上程する山本将之君

雪あかりの路2018オープン!

 吉川武志

 活動ブログ  

いよいよ、2月9日より今年で20回目となる雪あかりの路2018が始まります!

この雪あかりの路、観光客の方はもちろんのこと、小樽に住んでいる方にも、是非参加していただいて、街中をロウソクの灯りでいっぱいにしてみませんか。

「見る側から参加する側へ」

市民の皆様が一人でも多く参加していただけるよう、会場だけではなく市内の小学校へワックスボウル製作を教えに出前も行っております!

今年は準メーン会場の小樽芸術村会場内でJC広場として設営しております。

大人も子供も楽しめるチューブ滑り台は今年も健在です!多くの皆様のご来場、おまちしております!!