facebook
rss

活動ブログ

アーカイブ

第13回 道南エリアスポーツ大会 浦河大会

 2018総務委員会

 活動ブログ  

【6月第二例会 担当:交流委員会】
6月16~17日、浦河町で開催された道南エリアスポーツ大会に参加してきましたので、その様子をレポートします。

まず、浦河へ向かう車内で渡された「しおり」。交流委員会が現地調査に行った際に撮ってきた写真が随所に使用されています!しかし、クオリティの高さが災いしてか、ネットで拾った画像だと思った人が多数いたとか…。

早めに出発した組は道中いろいろと楽しみながら、浦河を目指したみたいです。遠征の醍醐味ですね。

道南エリア会議とスポーツ大会事前説明会に出席後、前夜祭へ。今年は1日目に競技がないため、前夜祭への参加が例年より少ないかと思われましたが24名の参加と例年より多く、とても盛り上がりました!

前夜祭では、2つの競技があり、1つは郷土愛育成委員会の副委員長・伊藤君が「変化に挑戦!JZAP選手権」という某ボディメイクダイエットのパロディ企画に参戦。約1ヶ月間で「どれだけ面白くやせられるか」というもので、その結果、79㎏から73.45㎏と約6㎏の減量に成功!表彰は惜しくも3位となり、伊藤君の望む結果にはコミットしなかったかもしれませんが、小樽JCメンバー的には笑いをとっていたので、結果にコミットしていたと思います!

もう1つの競技は「チャレンジ精神を大事にしよう!目隠し電流イライラ棒」というタイトル通り分かりやすい競技です。道南エリアにある13の青年会議所対抗で、各地の理事長と専務が競技者となります。失敗すると電流が流れるんですが、相当痛いらしく、専務は事前に仕込んでいた衣装を披露することも吹っ飛んだみたいです。

翌日、スポーツ大会は8時からスタート。眠い体を起こしつつラジオ体操をした後、最初の競技は「めくりあい体力系オセロ」。これは、ひたすら自分の色のコマを増やすという競技、オセロのようにマス目は無いので、地味にめくり続けるしかないという朝一発目からハードな競技でした。

続いて「キンボールドッジボール」。キンボールという競技の球を使用してのドッジボールです。これは以外とイケるという自信があったのですが、あっさり初戦敗退。

次は「浦河特別異種混合リレー」。馬産地らしいネーミングのこの競技、馬飛びから始まり、各ミニゲームを経てゴールするのですが、最もポイントとなる要素が「借り物」競争の部分。これがすんなり借りれるか?どうかで勝敗が分かれます。

ここからは、小樽が得意としている競技が続きます。「ロムPR」これは、各地青年会議所が毎年与えられるテーマに基づいて地元をPRするというものです。(今年は青春)他の青年会議所では全体でPRするところが多いですが、小樽JCでは伝統として新会員が中心となって内容を企画しPRします。惜しくも3位となりましたが、新会員の皆さん本当にお疲れ様でした!

最後は「ロム対抗マラソン」。小樽JCはかめさん倶楽部というマラソンクラブを中心に、今年卒業する会員、新会員で構成して挑みました。チームA~Dまであり、チームAのタイムで順位が争われます。

このマラソンは仮装もポイント対象となり、各地の仮装も見どころの一つ。今年の小樽JCの仮装は何と言っても、かめさん倶楽部キャプテン白銀君の「Pe●per」。他の青年会議所からも注目され、ウケも良く、バッチリ表彰されました!

マラソンは急な坂道が大半を占める難コースでしたが、それでもみんなが力を出し切り2位!

また、仮装の話題ですが、仮装は見た目だけではなく走らないといけないんです…。見ての通り、「Pe●per」は一人で走るのはちょっと…、ということで小樽のメンバーがみんなで一緒に走ることに!

今回のスポーツ大会にあたり、小樽JCでは「勝利を目標に一丸となり、今後の青年会議所活動につながるメンバーの結束力を高めること」を目的としました。マラソンの勝敗は決した後でしたが、全員で一丸となり「Pe●per」を引っ張りゴールを目指す姿は感動ものでした!

総合優勝は残念ながら逃しましたが、メンバーの結束力が高まる素晴らしいスポーツ大会だったのではないでしょうか。交流委員会の皆さま、本当にお疲れ様でした!

6月第一例会63周年記念懇親会

 吉川武志

 活動ブログ  

6月8日グランドパーク小樽にて、63周年記念懇親会が行われました。
小樽JCでは、5年、10年という節目以外にも毎年、会員交流系委員会が担当となり小樽JC設立日付近の日程で開催しています。上半期の活動を報告するとともに、これまでの小樽JCの活動を支えてくださる方々に感謝する場となっております。

今後の活動内容、ご来場された方々へ感謝の言葉を述べる山本理事長

小樽市長 森井秀明様、商工会議所会頭 山本秀明様からご祝辞をいただき、市議会議長 鈴木喜明様から乾杯のご発声をいただきました。衆議院議員 中村裕之様、本多平直様よりご挨拶いただいたあと、新会員紹介と新会員の会名の発表をいたしました。

つづきまして、上半期事業報告の後、野球部、かめさん倶楽部(マラソン)、サッカー部、小樽JCじゃがいもクラブ(ゴルフ)のPRが行なわれました。

石狩青年会議所様、岩内青年会議所様のLOMPRが行われた後、

全員で手を取り合い、「若い我等」を斉唱しました。

締めのご挨拶を小樽JCシニアクラブ会長 市村昌久様よりいただき、盛会裏に閉会となりました。

あらためまして、ご来場いただいた方々に心より御礼申し上げます。

北運河ルネサンス2018

◾️北運河ルネサンス2018◾️

昨日行われた5月定例理事会において北運河ルネサンス2018実行委員会が立ち上がりました。

今年も北運河ルネサンスを開催いたします!内容については決まり次第、随時更新していきます^ ^

#小樽 #北運河 #北運河ルネサンス #小樽青年会議所 #小樽jc #よろしくお願いします #日本遺産

#郷土愛 #艀

道南エリアアカデミー塾レポート

 吉川武志

 活動ブログ  

こんばんは!こんにちは!おはようございます!
皆さんいつご覧になっているのでしょうか?

総務委員会 委員 稲垣です!

5月の19・20に開催された道南エリアアカデミー塾に参加してきました!
19日にはグリーンピア大沼での懇親会が開かれました。
皆さん3回目のアカデミー塾ということで壁がなくなり、よりよい懇親会となったのではないでしょうか!


ダイエット企画で、なかなか箸の進まない伊藤副委員長!

まぁ、お酒が入ってきてからは色々食べてましたけどね!

20日のアカデミー塾では、各塾の塾生たちがそれぞれ集めてきた動画の素材を使ってその場で、道南エリアの魅力発信のCM作成を行いました。
途中には山本理事長と大川専務、阿部副理事長も様子を見に来ていただきました。
ありがとうございます!

今回僕の中でのベストショットの写真がこちら!

そして毎回恒例となりつつある?帰りの寄り道旅行では

電車の中で長万部、かなやのかにめし弁当を食べたり

カフェでちょっとカッコつけてみたりと今回も楽しく参加できたと思います!
せっかく時間を使っていくので、学びやつながりを深めるのも大事ですが、楽しく参加できるといいですね。

今回は塾長の杉本直前と塾生8人中6人の参加でした!
次回開催地は余市町ということですぐお隣なので、全員参加ですね!

以上!アカデミー塾参加の報告、稲垣がお送りしました!

5月第一例会報告

 吉川武志

 活動ブログ  

5月18日小樽市公会堂 担当:真のJAYCEE育成委員会

テーマ「新たな時代のリーダー像 ~共感を生む重要性~」と題して、久末智章先輩を講師にお招きし5月第一例会がおこなわれました。

第一部は真のJAYCEE育成委員会によるプレゼンテーションがおこなわれ、地域の課題を解決する際に、それを経済活動としておこなえる仕組み作りが必要であり、社会にとって有用な企業となること=公益資本主義の考えがこれからの小樽JCには必要で、そうすることで地域の共感を得ることができるという内容のプレゼンテーションでした。

第二部では公益資本主義を実践されている久末先輩に講演いただき、地域の人々の共感を得ながら社業を発展させ、また社会に還元するということが企業にとって重要であるということ、またその感覚や発想をトレーニングできる場がJCであるということをお話いただきました。
講演は非常に説得力があり、拝聴したメンバーが皆共感できる、とてもためになる講演でありました。

●小樽が日本遺産に追加認定へ●

今朝の新聞報道で、文化庁より北前船の寄港地として小樽が日本遺産に追加認定されたとありました。
日本遺産とは地域の歴史的魅力や特色のある文化や伝統に関わるストーリーを文化庁が評価してブランド化する事業です。

 この『北前船の寄港地』としては既に全国11自治体が認定されており、今回、灯台のある日和山、旧北浜地区の倉庫群が評価され、他の26自治体とともに追加認定されました。

今回複数地域との連携によるシリアル型で認定されましたが、今後は小樽単独での認定となる地域型を目指すとのことです。まずは第一歩として日本遺産に認定されたことは喜ばしいことです。

昨年、小樽青年会議所では北運河ルネサンス2017と題して、北運河の魅力と小樽単独による地域型の日本遺産登録を目指し、多くの市民の皆様に日本遺産というものを認知して頂くために事業を行いました。メインの企画となる小樽遺産ツアーでは多くの方に北運河地区の魅力を感じていただきました。

地域型での日本遺産登録を目指して活動した団体として、今後も動向に注視して活動を行なって参りたいと考えます。

事前練習をおこないました!

 吉川武志

 活動ブログ  

5月13日・北照高校の体育館で6月17日・浦河でおこなわれる「第13回道南エリアスポーツ大会」の事前練習をおこないました。

交流委員会が各競技のルールを動画を使いながら分かりやすく説明。その後、早速競技の練習を開始しました。

オセロのように各チームに割り当てられた色にマトをひたすらひっくり返し続けるゲーム、キンボールという競技の球を使用したドッジボールのようなゲーム、馬飛び→漁網くぐり→借り物競争→イチゴ探し→顔面ラップやぶりを組み合わせたリレーなど、シュールな競技が盛沢山でした。

勝てる秘策は、、、あ!今は言えませんね。

最後は交流委員会が考案したシュプレヒコールを唱和し、スポーツ大会で素晴らしい結果を出せるよう誓いあいました!

4月第一例会JCフォーラム

 2018総務委員会

 活動ブログ  

4月28日、小樽JC総務委員会担当の4月第一例会として、札幌わくわくホリデーホールで開催される北海道JCフォーラム2018に参加してきました。

JCフォーラムを通して学んだことを小樽JCの活動において活かすこと、また、JCフォーラムがどのような目的で事業計画され、どのように事業が行われたかということを考える機会をつくるため、事業計画書を添付したJCフォーラムの手引きという「しおり」を作成し、4月28日の当日を迎えるまでに小樽JCメンバーに対して事前説明を行いました。

今年のJCフォーラムのテーマは「Hokkaido Design」ということで、インフラ、インバウンドを軸に道民全体で未来の北海道の姿を描こうというコンセプトのもとおこなわれた2つのフォーラムは、いずれも専門性の高い内容となりました。

そして、忘れてはいけないのが小樽JCが送り出した北海道地区協議会出向者の活躍です。JCフォーラムの担当委員会の副委員長を務める宮前出向理事をはじめ、各役割をしっかりとこなしていました。

この例会(JCフォーラム)を通して、小樽の課題として置き換えられたメンバー、事業計画と照らし合わせ事業内容を見るメンバーもおり、大変有意義な時間になったと考えます。

4月の活動報告

 2018総務委員会

 活動ブログ  

小樽青年会議所(小樽JC)主催以外の4月に行われた活動報告です。

◆会員会議所会議

4月1日に網走で会員会議所会議が行われました。道内の各青年会議所の理事長が北海道地区協議会の議題に対して議論し、事業内容をよりよくしていく場となります。

小樽から網走までは距離があるので前日入りするメンバー、当日の朝入りするメンバーと様々です。

会議の内容を視聴することはもちろん、山本理事長と小樽JCから出向しているメンバーをバックアップする意味もあり同行しています。

会員会議所のあと、会員拡大に向けたセミナーを行い道内47JCで626名の会員拡大を目標に掲げました。

 

◆平成30年度 第1回「ポイ捨て防止!街をきれいにし隊」

平成30年4月21日(土)に小樽市の活動である第1回「ポイ捨て防止!街をきれいにし隊」に参加させて頂きました。例年参加させていただいているこの活動でありますが、ゴミの量が毎年少なっている気が致します。市民・観光客の皆様の少しの配慮で街がキレイになるという事を実感いたしました。今後とも美しい街を守っていきたいと改めて思います。そして機会があれば是非この活動に参加していただきたいと思いました。

また、4月18日には今年の雪あかりの路でJC広場を開設した「似鳥芸術村会場」のゴミ拾いもおこないました。

 

◆北海道JCフォーラム2018 PRキャラバン

4月24日、小樽JCで4月定例理事会が開会前に、北海道地区協議会よりPRキャラバン隊が訪れました。道内各地をPRされてるだけあって、とてもパワフルな皆様でした。

第2回新会員セミナー!

 2018総務委員会

 活動ブログ  

皆さん、こんにちは。 総務委員会の伊藤です。

先日4月4日 小樽のいなきたコミュニティーセンターで第2回新会員セミナーが開催されました。

 

本セミナーの内容としましては、第一部プレゼンテーション「JCとして活動するために」
青年会議所の組織や役割そしてマナーについての勉強をしました。

 

 

第二部は「JEYCEEとしての心得」と題して品田監事より講演していただきました。

品田監事の経験談から、10年前に経営者であるお父様を亡くされ、それから会社を継ぎ、青年会議所に入会し、理不尽な部分もたくさんあったとのお話もありましたが、一生懸命に取り組むメンバーの背中をみて、成長していった話を聞きました。
人によって変わった、役を受けて変わった、人の為に動く事が JEYCEEとしての心得 だと             品田監事は語っていました。