facebook
rss

活動ブログ

第三回資質向上セミナー

 天野孝太郎

 活動ブログ  

4月21日(金)

小樽公会堂にて、資質向上委員会によります、『第三回資質向上セミナー』が開かれました。

講師には、中標津青年会議所OB会 岩浅 圭一 先輩をお招きし、「JAYCEE自らの使命とは」をテーマにお話していただきました。

S__5005395

昨年、日本青年会議所 北海道地区協議会 会長をされてきたご経験から様々なお話をしていただきました。

『共感を得なければ人の変化はない』

『人の意識を変えるには自分が変わらなければならない』

自己成長を求め続けてきたからこそ多くの方から共感を得て北海道約1,500名のリーダーを任されたのではないでしょうか。

私達も自己成長を求め一人でも多くの方から共感を得られる活動を展開できるように精進してまいります。

岩浅先輩ありがとうございました。

S__5005396

担当:資質向上委員会

2017年度 第1回 街をきれいにし隊

 天野孝太郎

 活動ブログ  

4月15日(土)

今年で12年目となるボランティア活動「街をきれいにし隊」に弊所メンバーも参加してまいりました。

S__5005401

サンモール一番街を中心にいくつかのエリアに分かれ総勢130名ほどのボランティアメンバーが街をきれいにしようとゴミ拾いを行いました。

S__5005397 S__5005400

8E6B7C5D-60D8-417F-AD0C-8EF9F5907D55

 

 

 

第三回会員会議所会議

 天野孝太郎

 活動ブログ  

4月9日(日)

岩見沢ホテルサンプラザにて

『第三回会員会議所会議』が開かれました。

5月27日札幌の地で行われる、

『JCフォーラム』

の議案が審議可決されました。

S__4898909 S__4898913

冒頭、公益社団法人日本青年会議所 副会頭  西高辻 信宏 君 が訪問され、ご挨拶を賜りました。

 

S__4898907

北海道各地の理事長から承認をいただくべく、北海道地区協議会に出向されているメンバーが上程。

上程する委員長の後ろには全道各地から出向されている委員会メンバーも並んでおります。

この絆が北海道という大きな規模で育まれるのも青年会議所の特徴です。

 

JCフォーラム特設ページはこちらから ↓↓↓

Hokkaido-Potential_Banner_950x250

第二回資質向上セミナー

 天野孝太郎

 活動ブログ  

3月16日(木)

運河プラザ三番庫にて、資質向上委員会によります、『第二回資質向上セミナー』が開かれました。

講師には、恵庭青年会議所シニアクラブ 早坂 貴敏 先輩をお招きし、「JCの可能性と魅力」をテーマにお話していただきました。

S__4759606

 

テーマは「JCの可能性と魅力」

ご自身の入会当初のお話や、出向の魅力についてのお話など様々な内容で小樽青年会議所メンバーにJCの可能性についてお話していただきました。

『人は人で磨かれる。』

私はこの言葉が一番印象的でした。

様々な方に出会える可能性のあるJCで出向という選択をしたからこそ、より多くの仲間に出会い磨かれる場面があったのではないでしょうか。

そしてその磨かれた経験を地元に還元する。

そんな可能性を感じられる1日となりました。

早坂先輩ありがとうございました。

S__4759604

担当:資質向上委員会

 

 

道南エリア会議およびアカデミー研修塾 in 小樽

 天野孝太郎

 活動ブログ  

3月11日(土)

運河プラザ三番庫にて道南エリア会議が行われました。

北海道の各青年会議所からメンバー数名が「出向」と位置づけし、北海道全体として取り組む活動を行う場として北海道地区協議会という組織があります。

北海道地区協議会として行う事業は『会員会議所会議』と呼ばれる、北海道48地区の理事長が集う会議で承認を得て行うのですが、その前の会議として北海道を4エリアに分け、各エリアごとの理事長に上程を行い、意見をいただくのが『エリア会議』と呼ばれ、ここで各エリアごとの意見を聞き内容を精査して、会員会議所会議に挑む。という流れになっています。

S__4685971

開催地理事長挨拶 杉本理事長の挨拶中は小樽のメンバーは席から立ちます。こういう社会人としてのマナーを学べるのも青年会議所の特徴です。

 

S__4685972

小樽青年会議所では副理事長を担っていますが、この日は北海道地区協議会出向者として上程する、本間 貴之 君

 

午後からはアカデミー研修塾。

アカデミー研修塾とは各地から入会3年未満のメンバー対象に、エリア単位で育成する場を設けることで、未来の出向者を育て、広域的な活動を行っていくための、仲間づくりや知識を学ぶ場です。

第一部では『地域が抱える現状と課題』と題し、アカデミー生同士でディスカッション。

通過型観光地である小樽を滞在型にするには、というテーマで意見を交わしました。

S__4694018 S__4685839

4つのグループに分かれ、それぞれのテーブルに塾長と呼ばれるJC経験豊富な方々が付き、進行しています。

S__4685840

小樽青年会議所 土井 孝謙 直前理事長もアカデミー塾長の一人として、アカデミー生をまとめております。

 

 

第二部では『地域と共に挑戦する』と題し、

小樽青年会議所の卒業生でもあられる、坂田 理 先輩が講師として招かれ、『小樽あんかけ焼きそば親衛隊』がどのような理念でどのような活動をしているかを説明していただき、アカデミー生や会場に来ていたメンバーに、青年会議所を卒業されても続くまちへの想いを伝えていただきました。

S__4685838 S__4685837

北海道地区 会頭公式訪問

 天野孝太郎

 活動ブログ  

3月4日(土)

札幌プリンスホテル国際館パミールにて 日本青年会議所 第66代会頭 青木 照護 君がご訪問されました。

今年は入会3年未満のメンバーのみが入場可能ということで、小樽青年会議所からは新会員を含む6名のメンバーが参加しました

S__4620887

写真は会頭並びに日本青年会議所役員メンバーの皆様。

 

メンバーの緊張を少しでもほぐすべく、会頭自ら壇上から降り、メンバーのすぐ近くでご講演されました。

 

休憩時間に名刺交換の時間を設けていただき、当LOMメンバーも緊張の面持ちで名刺交換。

S__4620885

 

豪傑は豪傑からしか生まれない。

今まで多くの豪傑を見てきたからこそ言える会頭の熱いお言葉にメンバー一同、感動させていただきました。

僕たちもいつか豪傑と呼ばれるように。と思わせていただけるお話を入会して間もないメンバーが聞けるのはものすごく刺激がありました。

S__4620886

その他にもクロストークと題して、JC活動やそれ以外での活動のお話を気さくに質疑応答してくださり、訪れたメンバーも終始リラックスした雰囲気で時間を過ごせました。

道南エリアウィンターコンファレンス

 天野孝太郎

 活動ブログ  

2月11日

室蘭中嶋神社蓬莱殿にて開催されました、2017道南エリアウィンターコンファレンス及びアカデミー研修塾開校式に、参加してきました。

道南エリアウィンターコンファレンスとは、道南エリア13青年会議所のメンバーが

一同に会し、地域の特性や優位性を理解すると共に、それぞれの地域が抱える課題を共有することで、個々の意識喚起とエリア内の意思統一を図ることを目的としています。

また、アカデミー研修塾は地域の未来を担うメンバーを、道南エリア全体で育成することで

広い視野を持ち、各地域の課題を解決していける資質と魅力を持つ人材に成長させることを目的としています。

 

 

ウィンターコンファレンスに先立ち、道南エリア運営会議が同場所にて行われました。

写真は、協議上程している北海道地区協議会 憲法興論確立委員会 本間 貴之 副委員長。

S__4571168

 

 本年度の道南エリアウィンターコンファレンスでは、

道南エリア担当副会長×13LOM理事長対談が行われました。

写真は2017年度小樽青年会議所理事長 杉本 憲昭 君。

 

S__4571177

 

また、同時刻に別会場にてアカデミー研修塾 塾ワークが行われ

当LOMからアカデミー研修塾に出向している塾長及びメンバーが参加しておりました。

S__41697294 

 

 

キャリア育成プログラム

 天野孝太郎

 活動ブログ  

2月1日(水)

小樽市立桜町中学校2年生を対象とした特別授業、「キャリア育成プログラム」に講師としてお招きいただきました。

3307 3306

職種の異なる弊所の3名(阿部一雄くん、前田英一くん、山本喜則くん)が地域の未来を担う学生に 職業に就くために必要な心構えなどを話させていただきました。

 

 

 

第1回資質向上セミナー

 天野孝太郎

 活動ブログ  

1月30日(月)

小樽無尽ビルにて、資質向上委員会の設えによりますオープン事業、

「第1回資質向上セミナー」が行われました。

講師には小樽青年会議所シニアクラブ 宮尾 泰央 先輩、 呉 政儒 先輩をお招きして、

「JCの価値とは」をテーマにお話していただきました。

 

P1020427

小樽青年会議所シニアクラブ 呉 政儒 先輩

目的をもって行動することの大切さをお話していただきました。

 

 

P1020433

小樽青年会議所シニアクラブ 宮尾 泰央 先輩

今より少しだけ無理をして前にでる。それが必ず成長につながることをお話していただきました。

 

P1020428

お二方とも強い情熱をもって活動してこられ、それぞれの価値観を持ちながらもJCの必要性というものをお教えいただき、現役メンバーはJCの価値を知る大変良い機会となりました。

本当にありがとうございました。

 

P1020451

ご講演のあとはJCの修練の1つ、「3分間スピーチ」

テーマを与えられ、3分間で起承転結を伝えるという緊張感の中、

新会員の 伊藤 嘉章 君 が 堂々とされたスピーチ。

 

P1020459

担当:資質向上委員会メンバー

 

 

 

京都会議

 天野孝太郎

 活動ブログ  

1月20日~22日

毎年、京都の地で開催される「京都会議」に参加してきました。

S__4120720   S__4120611

京都会議とは、当年度の日本青年会議所のスタートとなる通常総会・正副会頭会議・理事会等の諸会議・各委員会が京都の地で開催され、これらを称して「京都会議」と呼ばれます。

毎年、全国700近くある各地の青年会議所の理事長が参加し、メンバーがオブザーバーとして観覧。日本青年会議所の会頭(理事長ではなく会頭と呼びます)の挨拶を聞き、その他にも様々なファンクションが用意されており、その年の事業を行う上でのヒントだったり、講師をお招きしてその年その年のテーマに沿ったお話を聞くことで現代社会の課題などを学ぶ場ともなっております。

S__4120612

京都会議の会場、国際会館のメインホール。

下の席に座れるのが各地の理事長。

小樽青年会議所の2017年度理事長 杉本 憲昭 君も参加しております。

 

S__4120721  S__4120722

JCI(Junior Chamber International)とは国際青年会議所のことで、ここに日本青年会議所が加盟しており日本JCと呼ばれ、その日本青年会議所に小樽青年会議所が加盟しているので小樽JCと呼ばれております。

画像の1枚目の方が2017年度 国際青年会議所会頭 ドーン・ヘッツェル君

2枚目の方が2017年度 日本青年会議所会頭 青木 照護(しょうご)君

今回のブログを書いている僕も初めて京都会議に参加させていただきましたが、日本だけで約35,000人の会員、その全員が40歳以下。全員ではありませんが、同世代の方々が全国からこれだけの人数集まる光景は圧巻です!(僕は運よく入場できましたが、席数に限りがあるので、ホールに入れない方が大勢おられます。)

小樽青年会議所も地域に必要な課題を抽出し、「世の為人の為が、自分の為。」小樽が1ミリでも「前へ」進める活動をしてまいりますので、みなさまよろしくお願い致します。