facebook
rss

郷土愛育成委員会

2018年度 一般社団法人小樽青年会議所
委員会事業方針

郷土愛育成委員会

委員長 若﨑健太郎
副委員長 伊藤 嘉章

 現在、各地域で都市部への人口流出が起因となり、郷土愛の希薄化が問題とされ、我々が住み暮らす小樽も魅力的な街と呼ばれながら、郷土愛を育むコミュニティの場は衰退しています。地域の祭りごとや町内会での催しから地域の魅力を学び、生活していく中で感じとってきた思い出を、いずれ故郷を思い、故郷のために行動するきっかけとなる郷土愛につながる記憶として子供たちに残し、明るい未来の小樽を創造していく必要があります。

 まずは、未来の小樽を思い一丸となり行動する組織となるために、メンバーに消滅可能性都市である小樽の現状を伝え、危機感を持たせることで、我々が行動を起こさなければならない責任世代である自覚を養います。そして、郷土愛が育まれる環境を明確にするために、各地域の課題や取り組んでいる活動を理解し、多面的な視点から小樽の街ならではの特性を検証することで、未来の小樽を担う子供たちとともに行う小樽の魅力を活かした市民一体となれる事業内容を導き出します。さらに、子供たちと同じ意識をもって活動するために、小樽の歴史や現状と我々の活動に対する思いを伝え、事業を共に構築する場を創出することで、小樽を愛する我々の活動への理解と信頼関係を育みます。また、子供たちに故郷への愛着を湧かせるために、街づくり活動の楽しさや感動を実感できる場を創出する事で、生涯忘れることのできない故郷での思い出を育みます。そして、いずれ故郷を思い行動する子供たちを育むために、苦楽を共にした事業を検証し、街づくり活動による達成感を得ることで、子供たちに郷土愛が未来の小樽にとって重要であることを伝えます。

 未来の小樽を思い描き組織一丸となった我々と信頼関係を築いた子供たちが共に、小樽の魅力を活かした街づくり活動から得られた、かけがえのない感動から育まれた郷土愛を持って、他が為に助け合う共助の精神と人と人のつながりから輝かしい小樽を実現します。

  1. 地域の魅力調査・検証
  2. 郷土愛を育む事業の構築
  3. 未来の小樽に繫がる活動の検証
  4. その他