facebook
rss

真のJAYCEE育成委員会

2018年度 一般社団法人小樽青年会議所
委員会事業方針

真のJAYCEE育成委員会

委員長 土井 孝謙
副委員長 遠藤 雅光

 青年会議所への入会の動機は、仕事のためや自己成長のためであり、それらはつまり自分のためという利己主義がきっかけの人が多いと考えます。だからこそ我々JAYCEEは変革の能動者として、和の心を持ち率先して行動するリーダーであることが地域社会においても必要とされています。我々が思い描く明るい豊かな社会、そして明るい未来の小樽を創造するためには、先輩諸賢の皆様が築き守ってこられた活動や、運営基盤をしっかりと学び継承し、企業や地域に今後も時代に即したリーダーを小樽青年会議所から輩出し続けることが必要です。

 まずは、JAYCEEとしての意識を高めるために、長きに亘る小樽青年会議所の歴史と伝統に触れ、組織であるが故のマナーやルールを重んじて行動する大切さを今一度学ぶことで、礼節ある人材を育成します。そして、互いに助け合える組織の一員となるために、常に相手の背景を汲み取り、相手の立場に立って行動することの大切さを伝えることで、JCに対する帰属意識を高めます。さらに、企業や地域でリーダーとなる意識を養うために、物事に対する目的意識を明確にし、思いやりを持って能動的に行動する大切さを学ぶことで、JCという限られた組織内だけではなく職場や地域コミュニティーの場でも目標とされる心ある人材の育成を行います。また、地域社会で必要とされる人材となるために、メンバー一人ひとりが自己研鑽に励み、意見交換をして知識を高め合うことで、組織の活性化、さらには企業や地域の活性化へとつなげます。

 先輩諸賢から受け継いだ利他の精神と真のプライドを纏い、強い気概を持った個々の力を結集して知識や能力を最大限に高め、地域のためを本気で考えて能動的な行動のできる真のJAYCEEへと成長した我々の姿が、市民の方々へと伝播され、他が為に助け合う共助の精神と人と人のつながりから輝かしい小樽を実現します。

  1. 新会員セミナーの実施
  2. JCアカデミーの実施
  3. 他を思い能動的に活動するリーダーの育成事業の実施
  4. 3分間スピーチ・講評の実施
  5. その他