facebook
rss

小樽の未来創造委員会

2020年度 一般社団法人小樽青年会議所
委員会事業方針

小樽の未来創造委員会

委員長 比良 友彦
副委員長 木村 年宏

 私たちが住み暮らすまち小樽は、北海道有数の観光都市で、日本国内でも屈指の魅力ある「まち」 として認知されていますが、小樽の現状は、少子高齢化問題と毎年2千人もの人口が減る異常事態に 直面しています。小樽の未来を支えるのは、次代を担う子供たちであり、自治体も諸団体と連携し、 子供の地域教育の重要性を掲げています。しかし、子供たちのまちの歴史や魅力の認知度は依然とし て低いため、子供たちに自分たちが住むまちに対して、夢や希望の「種」を植える必要があります。

 まずは、未来を担う子供たちに伝えるべき小樽の歴史や未来の情報を共有するために、小樽の先人 たちが行動することによって残してきた遺産や未来の情報を調査し、まちの発展への課題と明るい小 樽の未来像を示すことで、子供たちに小樽の未来に対して希望を持たせる必要があります。そして、 協調性を持ちながら、能動的に行動する必要性を子供たちに伝えるために、「ひと」と「まち」を支え ている活動を直に触れ合う機会を創出します。さらに小樽に住み暮らす子供たちが夢や希望を持ち、 小樽の明るい未来を創造してもらうきっかけとするために、小樽の魅力や未来の明るい情報を伝え、 小樽の観光資源に実際に触れ合い、体感できる事業を構築し、小樽の魅力を次代の子供たちにつなげ ていきます。また、次代を担う人材育成のために、一年間の事業を通じて、子供たちの声を聞き取り、 我々青年会議所が自治体や諸団体の活動に、横糸を通す役割を果たし、地域社会で子供の教育を支え る必要性を示すことで、「ひとづくり」から「まち」の発展につなげます。

 小樽の先人達が残した遺産や魅力を心に抱き、小樽の明るい未来のために組織や「まち」のために 自ら行動できる子供を育むきっかけを創ります。全ては未来を生きる子供たちのために、人のため、 まちのために率先して行動するJAYCEEとして、未来に希望が持てる小樽の創造につなげます。

  1. 小樽の遺産や未来の情報の調査・検証
  2. 能動的に行動できる子供を育む事業
  3. 創立65周年に関する事業
  4. 小樽の明るい未来につながる活動の検証
  5. その他