facebook
rss

総務委員会

2018年度 一般社団法人小樽青年会議所
委員会事業方針

総務委員会

委員長 吉川 武志
副委員長 池田 憲昭

 小樽JCには先輩諸賢が高い志と強い行動力によって積み上げてこられた63年の歴史があります。我々はそこに込められた先輩諸賢の志を、愚直なまでに活動してこられた歴史に鑑み、その上で行動することの重要性を次代へ紡ぎ伝えていかなければなりません。我々が明るい豊かな社会の実現に向けて、メンバー一人ひとりが他を慮り自発的に行動していく中で共感してくれる仲間が増えることを信じて、しっかりと外部に発信できる意識統一された組織となる必要があります。

 まずは、堅実な組織運営を行っていくために、メンバーの活動に配慮した各種資料と備品の管理、各会議の設営や事務局管理、各事業に関する資料や情報の迅速かつ正確な配信を実施することで、組織の基盤を整備します。そして、我々が共通の目標に向って行動する意義を高めるために、過去の小樽JCの事業に関する資料や映像を各委員会方針に則したものを各委員会に提供することで、事業に対する意欲を喚起します。さらに、我々の活動を幅広く認知していただくために、小樽JCの活動内容や事業の情報をホームページやSNS、広報誌に掲載し、外部からの反応を意識した更新を行い活用していくことで、より伝わりやすい効果的な発信をします。また、我々の活動を小樽の発展へとつなげるために、互いに関わりの深い北海道地区協議会の事業で学び得た経験や貴重な情報を小樽JCで有効活用することで、地域の課題に対する先進的な取組みを小樽へ還元します。そして、我々の活動を運動へと発展させるために、意識統一された組織として外部が賛同できる価値観を伝播していくことで、多くの市民の皆様や各団体から共感を生みます。

 良心と利他の精神を持った組織運営のもと、JC活動に対し自信を持ったメンバー一人ひとりの行動に共感した市民の皆様が活動を共にする機運が高まり、他が為に助け合う共助の精神と人と人のつながりから輝かしい小樽を実現します。

  1. 円滑な業務遂行と堅実な組織運営
  2. 共通した価値観を持つための環境作り
  3. 広報誌の発行及びホームページの更新と運用
  4. 先進的な取組みに関する情報共有
  5. その他