facebook
rss

会員拡大委員会

2019年度 一般社団法人小樽青年会議所
委員会事業方針

会員拡大委員会

委員長 中村 圭助
副委員長 林 大喬

 近年我々は、ホームページやSNSを活用することで市民に小樽青年会議所の活動を伝えてきておりますが、メンバー個人の成長は伝わりにくく、自己と会社の成長を望む若手経営者からの共感を得ることは難しく、会員数の減少に歯止めが利かない状況が続いております。世の中の変化に伴い、組織や企業のブランディングが難しくなってきた今、魅力的で個性的な「ひと」から共感を生み、個人のつながりから小樽青年会議所の価値を伝えることで組織への共感につなげ、会員数の増加を図っていく必要があります。

 まずは、会員拡大のターゲットである小樽の若手経営者から青年会議所という組織に興味をもってもらうために、会員拡大の要素につながる、価値を伝え成果をあげるマーケティングセミナーを行うことで、メンバー一人ひとりに情報発信を行っていくために必要な考え方とスキル、個の影響力の重要性を学びます。そして、自己と会社の成長を望む若手経営者から共感を得るために、青年会議所の活動だけではなく、日々の会社での活動、考え方、理念などを、個性的で魅力的な「ひと」を中心とした発信をすることで、組織や企業としてではなく、メンバー一人ひとりが多くの人を惹きつける環境を創ります。さらに、会員拡大につなげるために、多くのメンバーが誰のために発信するのかを考え、頻度や質の高い発信を行い、多くの人に語られることで、個人のブランド力が高まり、従来の企業としてのつながり中心の拡大行動と組み合わせることで、より多くの人が入会しやすい仕組みを作りあげます。

 魅力的で個性的な「ひと」が多く在籍する小樽青年会議所ということがより知れわたる中で、在籍する「ひと」への共感と関係性のもと人との距離が縮まり、小樽青年会議所の理念に共感したメンバーが増え、組織とのつながりを持ち自己成長とまちづくりを想う活動を通して、人々が幸せに生きる他愛と誇りに溢れたまち小樽を実現します。

  1. 情報発信のための事業の実施
  2. 個の魅力を中心とした情報発信
  3. 会員拡大のための活動
  4. その他