facebook
rss

LOM発展室

2019年度 一般社団法人小樽青年会議所
室事業方針

LOM発展室

室長 吉川 武志

 近年の組織は歴史や理念の他に、所属している個人がどのように成長し活躍しているかに注目されており、個人の成長と結果の相関が見えにくい組織は会員数が伸び悩み、組織の衰退を¬招く要因となっております。日々の活動の中で誰のために何をするべきかを追求し、人々との交流を通じて価値観を磨き、人のために行動できる成長した姿を組織内外の活動を通してメンバー個々人の関係性から周囲に伝え、共感できるメンバーが集う魅力ある組織となる必要があります。

 まずは、青年会議所活動を精力的に行うために、普段からメンバー間のコミュニケーションを活発にし、参加しやすい環境を創ることで、活動機会の増加を図ります。そして、組織が活性化するために、メンバー間で協力し合って交流事業を行い、より一層の信頼し合える関係を築くことで、メンバー間の強い結束を生み出します。さらに、活動の輪を広めるべく協力関係を良好に保つために、小樽青年会議所の礎を築き地域のために活躍される先輩諸賢、メンバーを支えてくれる家族に対し感謝を表す場を創出することで、より一層の信頼関係とつながりを深めます。また、外部から青年会議所に興味や関心を持っていただくために、メンバー一人ひとりが伝えたい相手が何を求めているかを熟考することの重要性を自覚して積極的に情報を発信することで、個人の影響力から外部と青年会議所をつなげます。そして、魅力ある強い組織へと発展させるために、日々の事業を通して成長し躍動するメンバー一人ひとりが、小樽青年会議所の魅力を実感し自信を持って周囲に伝えることで、会員拡大を図ります。

 コミュニケーション能力と影響力が高まり、生き生きと躍動するメンバーが集う魅力ある組織となった我々が、人のためを想い信頼と結束を持った組織としての活動と、活動を通して育まれた多くのつながりをもって、人々が幸せに生きる他愛と誇りに溢れたまち小樽を実現します。