facebook
rss

総務・拡大意識向上委員会

2017年度一般社団法人小樽青年会議所
委員会事業方針

総務・拡大意識向上委員会

委員長 天野 孝太郎
副委員長 大野 紘義

 現在、在籍年数の短期化やJCの歴史を学ぶ機会の減少などが要因となり帰属意識が薄れ、事業に対する参加意識の低下から、JCの最大の魅力である組織一丸の活動に陰りが見え、まちからの存在感が薄れてきています。JCだからこそできる規律を重んじ、愚直なまでに繰り返す議論から生まれる、人やまちを惹きつける活動の魅力と可能性を知り、自分たちの活動に誇りと情熱を取り戻したJAYCEEが集う組織となる必要があります。

 まずは、組織を円滑に運営していくために、備品の管理や過去資料の整理を徹底し、理事会の資料提出や事業の出欠連絡の期日を厳守していただくことで、質の高い理事会や事業が行われる環境を創ります。そして、組織を一丸とするために、率先して各事業の魅力を収集して情報提供をし、各事業に対する想いを直接伝える環境を創出することで、メンバーの参加喚起を図ります。さらに、より多くの人から関心を得るために、積極的にメディアへのPR、広報誌いぶきの発行、ホームページやSNSをツールとした情報発信を行い、メンバー一人ひとりにJCの広告塔である気概を持って発信していただくことで、私たちの活動を明瞭にします。また、会員拡大への意識を高めるために、JCの価値や存在意義を学び、その歴史を繋いでいくことの重要性を知る場を創ることで、JC愛を育むとともに、常に人から見られているJAYCEEとしての責任感を養っていただきます。そして、会員拡大への「つながり」を生み出すために、まちの未来を担う人材や団体にLOMの事業に参加していただくことで、JC活動の魅力を肌で感じていただきます。

 規律を守り、気概を持つメンバーが組織一丸となって取り組む活動こそがJCにしかない最大の魅力となり、胸を張れる活動と、まちの未来を担う人材に見せる背中が新たな同志を惹きつけ、未来を考え行動する「ひと」が溢れ共に生きるまち小樽を創造します。

  1. つながりから生み出す会員拡大
  2. 組織一丸へとつなげる計画的な組織運営
  3. 広報誌の発行及びホームページの更新と運用
  4. その他