facebook
rss

総務室

2018年度 一般社団法人小樽青年会議所
室事業方針

総務室

室長 渡邊 純一

 小樽JCは今日まで明るい豊かな社会の実現に向けて活動、運動を行ってまいりました。我々は、その高い志と強い行動力によって積み上げてきた歴史を次代へ紡ぎ伝えていかなければなりません。そのためにも、先輩諸賢が我々と同じ現役時代に行っていた、愚直なまでの努力と熱意をしっかりと引継ぎ、創立当初から脈々と受け継がれてきたかけがえのないJC運動から、共通目標の認識を次代へつなげることで、メンバー一人ひとりが良心と利他の精神を持った組織となることが必要です。

 まずは、健全に組織を運営していくために、SNSやメール配信といったアナウンスツールを有効活用しながらも顔の見える緊密な連携の強化を図ることで、各委員会が情報共有できる環境を整備します。そして、我々が共通した価値観を持つために、過去の資料や多くの情報を収集し、先輩諸賢が積み上げてこられた事業の魅力を伝えることで、JC活動の意義を心に刻みます。さらに、我々の活動をより効果的なものとするために、小樽に住み暮らす人の目線に立った魅力的な広報活動を行い、JC活動への共感の気持ちを引き出すことで、より多くの市民への発信力を生み出します。また、日本青年会議所や北海道地区協議会の活動を小樽の発展へと結びつけるために、諸事業へ積極的に参加し、効果的な情報収集と発信を行うことで、地域の課題に対する先進的な取組みを小樽へと還元します。そして、小樽JCをより強固な組織とするために、他を慮る気持ちと、共通の価値観を持って行動することの重要性をメンバーへと伝え、内部の意識統一から外部が共感できる価値観を伝播することで、小樽JCの活動を運動へ広げます。

 JCという組織の可能性が最大限に引き出され、メンバー全員が共通した価値観をもった強固な組織となり、良心と利他の精神を持った組織運営で他が為に助け合う共助の精神と人と人のつながりから輝かしい小樽を実現します。