facebook
rss

11月オープン委員会報告

11月29日(木)19:00~ 総務委員会担当
場所:小樽市消防本部6階 講堂

 

11月オープン委員会
「備えを常に。出来る人が、出来ることを、出来るだけ」が行われました。

第1部では、総務委員会で、小樽市さんと、小樽市社会福祉協議会さんと、小樽青年会議所が相互協力協定を結んだこと、そして9月6日北海道胆振東部地震が発災してから、小樽全域が停電復旧するまでの2日間を、小樽青年会議所としてどのように行動したのか、その時各メンバーはどのように思っていたのかを、赤裸々に発表し、当時を振り返るというプレゼンテーションを行い、次に小樽市災害対策室長、庄司孝行様よりご挨拶をいただきました。挨拶を聴いていたメンバーは小樽市の防災に関しての現状、そして、小樽市から私たちに寄せられている信頼の大きさを実感したと思います。

第2部では、一般社団法人北海道災害対策協議会 理事長で恵庭青年会議所シニアクラブの早坂貴敏様より、災害対策についてご講演いただきました。
万が一の場合、皆さんが無事である為に、防災の備えを常に!
そして、自分だけでなく、共助の精神を大切に。
防災のボランティアを、出来る人が、出来ることを、出来るだけ。
1.支える役割。(掃除、泥だし、介護等々)
2.見つける役割(気づく、より添う、伝える等々)
3.支える人を支える役割(事務、コーディネート等々)
自分の得意な分野でということが、肝心!
ということを学びました。

最後に吉川委員長の想いの詰まった総括があり、防災についていろいろなことを考えさせられ、感じるものがありました。
小樽市さんと、小樽市社会福祉協議会さんと、小樽青年会議所が協定を結んだことで満足してはいけません。
今回の被災の経験によって、いつ何が起きるかわからないことを実感し、普段の生活のありがたさに気づけた、そしてなにより、防災の意識を伝播させていくことが大事なことだと感じました。
災害のない小樽ではない。災害時に強い小樽になるように、市民みんなで意識の共有をして行ければと思います。

 

記事:総務委員会 委員 林 大喬

出席:小樽JCメンバー、アドバイザー

オブザーブ:小樽市災害対策室、小樽市社会福祉協議会、北海道地区協議会役員

 

11月20日を以って小樽市、小樽市社協、小樽JCの三者が協定によって結びつく

JCIクリード:伊藤委員

JCIミッション、JCIビジョン:林委員

JC宣言並びに綱領:稲垣委員

山本理事長挨拶

趣旨説明:総務室 渡邊室長

全体司会:色摩委員(右)

第1部プレゼンター、池田副委員長(左)と稲垣委員(右)

パワーポイント操作:林委員(手前)

会場の様子

胆振東部地震発災時の自分の状況について答える遠藤副委員長

手宮中央小学校の避難所スタッフとしての活動を振り返る栗田副理事長

潮見台小学校の避難所スタッフとして当時の活動を振り返る酒井委員

物資運搬で停電中の市内を運転した際に感じたことを答える天野室長

小樽市災害対策室 室長 庄司孝行 様の挨拶

オブザーブしていただいた小樽市災害対策室の皆様

第2部講演を行う(一社)北海道災害対策協議会 理事長 早坂様

総括:総務委員会 吉川委員長

講師・早坂様への記念品贈呈

事業後の総務委員会集合写真

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事